MENU
  医院ブログ ブログ

診療案内

Medical

診療案内

予防歯科・歯のケア

予防歯科・歯のケア

「詰め物がとれたから・・・」「痛くなったから・・・」など、トラブルが起きてから歯科医院に行く、という方が多いのではないでしょうか。

どんな病気でも大切なのは「治療」よりも「予防」。むし歯や歯周病でも同じです。歯科の治療で一番大切だと思っています。

むし歯の治療

予防歯科・歯のケア

歯の表面についた歯垢(プラーク)中の細菌(ミュータンス菌)が糖分を栄養に酸を作り、その酸によって歯が溶ける病気のことです。
口腔内は何もしていない時は中性に維持されていますが、糖分を摂取するとミュータンス菌が酸をつくり、口腔内は酸性になります。

小児歯科

小児歯科

小さなお子様は、むし歯の治療に対して恐怖感を持つのは当たり前です。当院では、無理に押さえつけての治療はせずに、まずクリニックの雰囲気に慣れていただくことからはじめます。練習を重ね、治療へと進みますが、歯みがきや歯医者さんが嫌いにならないよう、そして、お子様が自身のお口・歯に興味を持ってもらえるように取り組んでいます。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃(ブラッシング)が行き届かないでいると、その箇所に多くの細菌が停滞(プラークの蓄積)し、歯肉の周囲が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。なお、この時点では、まだ初期症状でありますので、痛みがほとんどありません。自覚症状が出たときは、歯周病がかなり進行している状態です。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合に作る歯の機能を補う着脱可能な歯のことです。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯です。

pagetop